コンサルティング実績

ユーザー bizsupli.jp の写真

BCPコンサルティング実績のご紹介

 

弊社及びコンサルタントが実施したBCPコンサルティングの事例の一部をご紹介いたします。

 

製造業/流通業

 

アルミ鋳造品製造業

BCP策定の目的
  • 安定供給を継続し、顧客の要求に応え続ける
  • 企業の存続
  • 社員の安全確保
BCP策定メンバー
  • 社長
  • 事務局
  • 工場長、営業、総務
BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

過去のBCP取組実績はなく、ゼロからのスタートとなった。幹部候補メンバーが顧客の信頼獲得と共に、日々の仕事対する見方や考え方を見つめ直し、高める取組となった。

     

プラスチック製品製造業

BCP策定の目的
  • 安定供給への顧客の信頼獲得
  • 業界シェアの向上
  • 原材料の安定確保
BCP策定メンバー
  • 社長
  • 事務局
  • 工場長、営業、
  • 業務
BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

過去のBCP取組実績はなく、ゼロからのスタートとなった。東西2工場の機能の見直し、有事での品質維持への製造体制など、事前対策を製造力強化につなげる取組となった。

     

印刷インキ製造業

BCP策定の目的
  • 顧客への絶対安定供給の維持
  • 社会的要求の充足
BCP策定メンバー
  • 社長
  • 事務局、工場
  • 営業、管理部門
BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

元来、防災計画や災害時に供給を途絶させない物流体制を構築していたが、取組を通じて脆弱性を発見。有事に備えた建物、設備、人材育成等の必要性を認識する結果となった。

     

インキ材料製造業

BCP策定の目的
  • 安定供給への顧客の信頼獲得

  • 顧客からの要求水準の充足

  • 新規顧客開拓時のアピール

BCP策定メンバー
  • 社長

  • 工場長、技術者

  • 営業責任者

  • 管理部門担当者

BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

過去のBCP取組実績はなく、ゼロからのスタートとなった。対象事業の取組を基盤として、他事業への展開や新規顧客へのアプローチでのBCPの訴求など発展的な取組となった。

     

LPガス販売業

BCP策定の目的
  • 安定供給を継続し、顧客の要求に応え続ける
  • 企業の存続
  • 社員の安全確保
BCP策定メンバー
  • 社長
  • 営業責任者
  • 管理部門責任者
BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

業界の先駆モデルとして策定を開始。自社の事業継続に留まらず、有事の際に全国の同業ネットワークで協力することを目標とする取組に発展。(中央省庁のモデル事業に選定。)

     

高精度センサー製造業

BCP策定の目的
  • 高マーケットシェア、高売上比率の製品の安定供給
  • 自社および協力会社の存続
  • 社員の安全確保
BCP策定メンバー
  • 社長
  • 工場長
  • マーケティング責任者
  • 業務管理責任者
BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

手作業での組立が最重要工程であるため、多能工化、緊急時勤務体制構築での対応、情報システムのバックアップ/リカバリの自動化を実施。

 

不動産業/建設業

 

ビル管理業

BCP策定の目的
  • ビル、マンション入居者の信頼獲得
  • (パート)従業員の安全と雇用維持
  • 自社物件の差別化
  • テナントの事業継続
BCP策定メンバー
  • 社長
  • 事務局
  • モデル拠点(ビル)
BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

過去のBCP取組実績はなく、ゼロからのスタートとなった。ビルオーナー、テナント、自社の発災時から復旧までの役割や手順の作成、関連部署間の連携を強化する取組となった。

     

倉庫賃貸業

BCP策定の目的
  • 社会的責任(物流インフラの維持)への対応
  • 顧客の事業継続への貢献
  • 自治体災害備蓄保管の確実化
BCP策定メンバー
  • 社長
  • 事務局
BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

過去のBCP取組実績はなく、ゼロからのスタートとなった。備蓄拠点としての機能維持とテナントの事業継続のため、事前対策や連携ルールを決める取組となった。

     

道路標識工事業

BCP策定の目的
  • 入札(自治体、国)格付けの向上

  • 業界内での存在感、発言力の強化

  • 災害時のインフラ維持の確実化

  • 災害協定の実行性向上

BCP策定メンバー
  • 社長

  • 事務局

  • 施工管理責任者

BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

同業他社に先駆けたBCP策定のため基礎知識の習得から開始。グループ企業とともに事業継続できる体制構築に取り組む。国土交通省が災害時に事業継続可能な企業として認定。

 

サービス業

 

上下水道施設管理・保守業

BCP策定の目的
  • 社会的責任(物流インフラの維持)への対応
  • 顧客の事業継続への貢献
  • 自治体との災害時協定
BCP策定メンバー
  • 社長
  • 事務局
  • 部門責任者
BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

発災直後の各自治体からの緊急対応要請の殺到に備え、緊急時向け顧客リストの作成、各現場に従業員を割り振るための対応可能スキル・通勤距離マッピング資料の作成し、有事の円滑な緊急対応実施に備えた。また、レンタカー会社との緊急時対応契約により車両を確保。

     

物流アウトソーシング業

BCP策定の目的
  • クライアントの信頼の維持
  • 顧客の事業継続への貢献
  • 従業員の安全確保
BCP策定メンバー
  • アウトソーシング事業責任者
  • 事務局
  • 業務管理責任者
BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

負傷者を出来る限り少なくするための投資を検討。従業員の安全確保のための初動対応手順を決め、演習・訓練の実施に向けた基礎作りに注力。早期の業務再開を可能にする基盤作りとして、安否確認システム、非常用電源を検討、導入。

     

システム障害対策サービス業

BCP策定の目的
  • 顧客の業務継続への貢献

  • 従業員の安全確保

  • 自社サービスの信頼感の醸成

BCP策定メンバー
  • 社長

  • 事業部長

  • 事務局

  • 現場責任者

BCP策定期間

3ヶ月間

BCP策定の推進状況

発災直後にサービスを利用する顧客企業から問い合わせが集中しても対応できるよう技術サポート窓口の早期復旧を重点とした。そのための代替手段を三重化し、全国の技術者がいつでもどこでも対応作業を実施できる基盤の構築を検討。

 

コメントを追加