当社BCP支援手法で、中小企業庁「事業継続力強化支援事業」をお手伝いしました

昨年度、中小企業庁の

平成26年度補正予算「中小企業・小規模事業者事業継続力強化支援事業」に採択された

全国中小企業団体中央会様のBCP策定支援マニュアル専門委員ならびに派遣専門家として

活動をさせていただきました。

 

全国中小企業団体中央会様より、

事業継続力強化支援事業報告書(BCP策定支援マニュアル)

~地域産業の持続的発展のための方策~

が完成し、都道府県中央会ならびに関係先に配付されています。

 

今回、マニュアル専門委員ならびに派遣専門家として、約9ヶ月にわたり多くの企業(組合員)や

事業組合のBCP活動を支援させていただきました。

 

大企業と比べ

・従業員の数も少なく

・BCP活動メンバーに選出された方々は、会社の責任者であり大変多忙で検討の時間を確保するのも難しい

加えて

・取組みまでBCPの知識がほとんど無い

(正直、7割の方がBCPという言葉も知りませんでした)

 

また、

中小・小規模の企業ですが、事業を複数展開されて

「BCPの本に『重要事業に絞る』と書いてあるが、顧客も違うし無理…」という声も

支援開始前に社長が口にされることもありました。

 

BCPに初めて取組まれた企業(組合員)が

それぞれ約3ヶ月の活動期間で、

BCP活動メンバーがBCP知識を習得され、BCP「事業継続計画書」を策定する

ことができたことは、

お手伝いしたコンサルタントとして喜ばしい成果です。

 

弊社のBCP支援手法が、

企業の規模に関係なく

個社のみならず、事業組合の複数社(複数組合員)と事務局などの組織(グループ)での

BCP策定に有効であることが証明された

と考えております。

 

 

私は、派遣専門家として兵庫県・山梨県でのワークショップ形式でのBCP作成指導や

個別企業のBCP作成指導をはじめ

長崎県、大阪府、岐阜県の事業継続力強化講習会講師、として各県中央会様の

お手伝いをさせていただきました。

 

半年あまりの支援期間で個別支援は

・製造業(工業炉、鉄工所、電子部品、特殊金属部品)

・サービス(ホテル、製造請負)

・農業(大規模野菜工場、近郊栽培農家)

・建設(土木、山砕石)

など、異なる業種や規模の企業(組合員)および事業組合で実施しました。

 

メンバーの皆さんにBCPのイロハから指導させていただき、

自社を取り巻く環境や事業の特性、企業の特色をメンバーとともに理解しながら

実効性の高いBCP作成に取組みました。

中には、

期間内で策定したBCPを従業員や関係先に勉強会や演習で周知させる

取組みを始めたり

事前対策に着手されている企業もあり、

絵に描いた餅で終わらせることなく計画(プラン)からマネジメントに

進めておられるのは、心強い限りです。

 

報告書には各県中央会様での取組みが紹介され、BCP作成指導の進め方や手法も

事例として、掲載されています。

 

 

BCP策定支援マニュアルの役に立つテンプレートとして

・BCP基本方針(BCP Map)

・BCP概要(BCP Framework)

・BCP一覧(BCP Time Table)

などが、紹介されています。

 

 

最後に、本報告書で紹介いただいた

BCP支援の詳しい内容につきましては、

BCPアドバイザリーサービスをご覧ください。

 

本支援についてご不明な点、ご意見がございましたら

お問い合わせいただきますようお願いいたします。

 

コメントを追加