ユーザー bizsupli.jp の写真

書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」の発送を開始しました。

先日発売いたしました、弊社のBCP策定手法をまとめた書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」の発送が始まりました。

 

bcp_book_overview_02.png

 

紙面の大きなA4版でカラーの図をふんだんに使い、BCP文書作成方法を解説していますので、誰にでも実効性の高いBCPを作れるようにする教科書としてご活用いただけるものになっています。

ぜひお手元に1冊置いてBCP策定にお役立て下さい。

 

詳しくは、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

BCPインスペクションによるBCPの有効性向上 ~ 出版予定の書籍から

出版予定の書籍から、本日はBCPインスペクションがBCPの実効性を高めることを説明した一節をご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

弊社のBCP策定手法には、BCP Map、BCP Framework、BCP Time Tableなどのように従来の手法とは見た目から異なり、事業を継続するということへのアプローチまで違っているという差別化が分かりやすいものがありますが、出来上がるBCPの実効性向上に対して最も効果を発揮しているのはBCPインスペクションでしょう。

作るだけでは実効性が十分にならないBCPがどこまで実効的になるかを決めているBCP演習について、演技を通じて体験するためのものから、内容に実効性があるかを検証し、改善策を立案するためのものに変化させました。

ユーザー bizsupli.jp の写真

一般的なBCP演習とBCPインスペクションの違い ~ 出版予定の書籍から

出版予定の書籍から、本日は一般的なBCP演習の手法と弊社のBCPインスペクションがどのように違うのかについて解説した一節をご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

一般的にBCP演習は演劇型で行われますが、BCPインスペクションは検証型で行います。

演劇型のBCP演習ではBCP文書に規定された対策を元に書き起こした台本を演習シナリオとして事前配布し、参加者は台本を読み上げながら臨場感が出るように感情を込めて役割を演じます。その体験を通じて、BCP文書通りに行動できることを検証し、参加者へのBCP内容の定着を図るとされますが、台本が事前配布されるのでその通りに行動できるのは当たり前で、効果があるのかは甚だ疑問です。

ユーザー bizsupli.jp の写真

本社と事業所の役割分担 ~ 出版予定の書籍から

出版予定の書籍から、本日は本社と事業所がどのように役割分担して継続・復旧にあたると良いのかを開設した一節をご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

一般的なBCPでは各事業所の継続・復旧対策について、本社に設置される災害対策本部の指示に従って実施すると書かれることが多いです。

現場の状況をその場で把握できているわけでもない本社が適切に指示を出せるのかと疑問に感じる方も多いと思われますが、良い疑問の持ち方です。

現実的に考えて、本社では現場の状況をその場で把握できていないだけでなく、業務について知っているのも現場の担当者だけですので、本社の指示を仰いで対応するのは適切ではありません。

 

一方で本社の指示を受けて動いた方が良いこともあります。

ユーザー bizsupli.jp の写真

BCP Time Tableの優位点 ~ 出版予定の書籍から

出版予定の書籍から、本日はBCP Time Tableの優位点の一部について説明している一節をご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

各組織の同じ時間枠の行動が縦に並ぶため、組織間で同期させなくてはならない行動が正しくBCPに落とし込まれているのかを一目で確認することができます。

また、BCP Frameworkの説明でも触れたように、一般的な文書フォーマットで継続・復旧対策を策定すると時間を順に追って行動を書き出していくことになりがちですが、BCP Time Tableで策定する場合は、復旧目標で定めた対応完了から時間をさかのぼって行動を書き出していくことが容易になり、時間軸で見て現実的な計画の策定、復旧目標の達成に向けた問題点の早期発見につながります。

ユーザー bizsupli.jp の写真

知識ゼロから始める超実効的BCP ~ 表紙が決まりました

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

弊社のBCP策定ノウハウを詰め込んだ書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」の出版準備が着々と進んでいます。

 

本日夕方には表紙のデザインが最終決定いたしました。

 

book_cover_image.jpg

 

写真で組み込まれている文書は、本でご紹介するBCP策定手法で実際に作成したサンプルで、印刷したものを弊社内の机に並べて撮影したものです。

うわべの理論で終わらない、実践できる内容になっています。

 

ユーザー ryoichi.ishihara の写真

中小企業BCPにおける衛星携帯電話の導入

本日はお客様がいらして、衛星携帯電話についてのお話を伺いました。

 

BCPでも災害時の非常用通信手段の候補としてはポピュラーな衛星携帯電話。

大企業では割と導入されているものの、充電器に置きっ放しでバッテリーが劣化していないかどうかも不明だったり、倉庫に入れられっ放しだったりという話をよく聞きますが、中小企業で実際に導入まで至ったという話は正直なところあまり聞きません。

キャリアさんも、大手企業の需要は大体充足されてしまったので、これからは中小企業だということで頑張っていらっしゃるようですが、なかなか普及が進まないとのことで。

やはり、純和製サービスのWIDESTARの初期費用30万円程度を筆頭に、KDDIのイリジウムでも同程度と、それなりに高額になることがネックなのでしょう。

同じNTTドコモでもinmarsatを利用したIsatPhone、KDDIのインマルサット、Thurayaを利用したソフトバンクの衛星携帯電話などは、かなり安くなってきているようですが、なかなか高いというイメージを払しょくできないようです。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

BCP FrameworkによるBCPの設計 ~ 出版予定の書籍から

出版予定の書籍から、本日はBCP Frameworkを作成することによってBCPの概要を設計してから具体化に取り組む有効性について解説している一節をご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

BCP Frameworkの作成は一般的なBCP策定手法にはないステップです。中間成果物は極力作成せずに作業を進めた方が良いという考え方もあると思いますが、この段階で概要レベルの全体構造を明確化して、要素間の整合性を確認できることは品質の確保、手戻りの防止それぞれの面で非常に効果的で、作成に要する工数以上の効果を期待できます。また、弊社の手法でこの次に作成するBCP Time Tableへの記載内容の引き継ぎが容易であるため、BCP Framework作成による工数の増加もさほど大きくないと考えられます。

ページ

事業継続(BCP/BCM)コンサル 株式会社電縁 RSS を購読