ユーザー ryoichi.ishihara の写真

中小企業BCPにおける衛星携帯電話の導入

本日はお客様がいらして、衛星携帯電話についてのお話を伺いました。

 

BCPでも災害時の非常用通信手段の候補としてはポピュラーな衛星携帯電話。

大企業では割と導入されているものの、充電器に置きっ放しでバッテリーが劣化していないかどうかも不明だったり、倉庫に入れられっ放しだったりという話をよく聞きますが、中小企業で実際に導入まで至ったという話は正直なところあまり聞きません。

キャリアさんも、大手企業の需要は大体充足されてしまったので、これからは中小企業だということで頑張っていらっしゃるようですが、なかなか普及が進まないとのことで。

やはり、純和製サービスのWIDESTARの初期費用30万円程度を筆頭に、KDDIのイリジウムでも同程度と、それなりに高額になることがネックなのでしょう。

同じNTTドコモでもinmarsatを利用したIsatPhone、KDDIのインマルサット、Thurayaを利用したソフトバンクの衛星携帯電話などは、かなり安くなってきているようですが、なかなか高いというイメージを払しょくできないようです。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

BCP FrameworkによるBCPの設計 ~ 出版予定の書籍から

出版予定の書籍から、本日はBCP Frameworkを作成することによってBCPの概要を設計してから具体化に取り組む有効性について解説している一節をご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

BCP Frameworkの作成は一般的なBCP策定手法にはないステップです。中間成果物は極力作成せずに作業を進めた方が良いという考え方もあると思いますが、この段階で概要レベルの全体構造を明確化して、要素間の整合性を確認できることは品質の確保、手戻りの防止それぞれの面で非常に効果的で、作成に要する工数以上の効果を期待できます。また、弊社の手法でこの次に作成するBCP Time Tableへの記載内容の引き継ぎが容易であるため、BCP Framework作成による工数の増加もさほど大きくないと考えられます。

ユーザー bizsupli.jp の写真

BCP Mapで行う復旧過程シミュレーション ~ 出版予定の書籍から

出版予定の書籍から、本日はBCP Mapで復旧過程シミュレーションを行うことによって、どのような経過をたどって事業を復旧させるBCPができているのかを知ることができるという説明をしている一節をご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

BCP Mapが完成したら、意図した復旧過程を的確に表す内容になっているかシミュレーションを行って確認します。

復旧過程シミュレーションは、BCP Mapにある時点を表す縦線を引いて、その縦線上の事業継続要因を読み取ることで行います。ある時点では縦線がかかっている事業継続要因を全て満たす状態になっているはずなので、縦線を引く位置をずらしていくことで、どのような経過をたどって復旧していくことになるのかをシミュレーションすることができます。

ユーザー bizsupli.jp の写真

一般的な復旧目標の問題点 ~ 出版予定の書籍から

出版予定の書籍から、本日は一般的な復旧目標の設定のされ方が果たして有効と言えるのかどうか、疑問を呈している一節についてご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

例えば、自動車メーカーが70%の操業度に回復するとは、平常時の70%のスピードでラインを動かすということでしょうか。平常時にタクトタイムを決めて作業を行っていますので、それを変更して作業することはかえって難しいのではないでしょうか。

あるいは、70%の部品の取り付けは可能ということでしょうか。購入者に非常時なので70%の部品しか取り付けていませんと言って納車するのでしょうか。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

BCP文書の無料ダウンロード提供を開始いたしました。

BCP文書フォーマットを入手したいというご要望の方が多いため、本サイト上での無料ダウンロード提供を開始いたしました。

 

弊社が実効性にこだわって開発したフォーマットをお試しになりたい方は、BCP文書フォーマットダウンロードのページよりお受け取りいただけます。

 

発売予定の書籍では、これらのBCP文書フォーマットを使ったBCP策定方法について解説しております。

 

現在ダウンロードしていただける文書フォーマットは以下の通りです。

 

  • BCP Map
  • 事業全体像
  • 業務一覧
  • BCP Framework
  • BCP Time Table
  • BCP Inspection Chart
  • 復旧・継続対策作業手順書

 

 

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

BCP策定へのトップの関わり方 ~ 出版予定の書籍から

出版予定の書籍から、本日はBCP策定体制におけるトップの関わり方について解説している一節をご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

体制面でBCP策定の成否に最も影響を与える要素がトップの関わり方です。

トップの考えがBCPの内容に反映されることも重要ですが、最も重要なのはトップがBCPの必要性を全社に訴え、BCP策定に取り組むのだということを言葉でも行動でも示していくことです。

事務局に協力してBCPを策定するようにと形だけの通達を出すのではダメです。

ユーザー bizsupli.jp の写真

一般的なBCP演習手法とBCPインスペクション ~ 出版予定の書籍から

出版予定の書籍から、本日はBCP演習の実施方法の考え方についての一節をご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

話が逸れますが、一般的なBCP演習手法では予めBCP文書に沿った台本を用意し、それを読み上げる進め方をしてしまいますので、BCPに規定されている対応、行動が行動に移せるものであるかを検証することはできますが、従業員への周知、内容の理解、スキルの習得、前提条件の充足といったことに対しての検証はほとんどされないままになってしまいます。この問題を解消し、BCPが機能する条件全般について漏れなく検証するための手法が弊社のBCPインスペクションです。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

兵庫県中小企業団体中央会のBCP事業をご支援しています。

兵庫県中小企業団体中央会様が県内中小企業向けにBCP策定の促進事業を行っていることについて、神戸新聞が報じています。

 

災害時の事業継続テーマに 中小企業団体中央会9、10月セミナー

 

この取り組みにつきまして、弊社もセミナー講師、策定支援コンサルティングでお手伝いさせていただいております。

つまり、兵庫県内の企業様にとっては、弊社のサービスを無料で受けられるチャンスです。

 

他の道府県の中小企業団体中央会様でも同様の取り組みを行っておりますので、ご興味のある方はお調べになってみてください。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

BCPとICT-BCP ~ 出版予定の書籍から

出版予定の書籍から、本日はBCPとICT-BCP(IT-BCP)の関係についての一節をご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

加えて、「弊社はIT-BCPをしっかりやってあるので大丈夫です。」というお話を聞く機会も良くあるのですが、もうお分かりのようにBCPとICT-BCPは別物で、両方に取り組んでおく必要があります。ICT-BCPのみを対策し、(業務の)BCPに取り組んでいない企業が被災すると、情報システムだけはしっかり平常時と変わらずに稼働しているのに、従業員が出社できず情報システムを使った業務が停止してしまうといったことになりかねません。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

あなたの会社にはBCPが必要でしょうか。 ~ 出版予定の書籍から

本日は出版予定の書籍から、BCPの必要性についての考え方を説明している一節をご紹介します。

 

書籍の詳細につきましては、「知識ゼロから始める超実効的BCP」紹介ページをご覧ください。

 

 

あなたの会社にはBCPが必要でしょうか。そのような疑問を解消するために本書をお読みいただいている方もいると思いますが、その問いに対する回答は簡単です。

 

「あなたの会社が事業を継続することを望む人、企業がありますか?」

 

この問いに対する答えが「はい。」であれば、あなたの会社にはBCPが必要です。あなたの会社が事業を継続することを望む方がいるのであれば、その声に応えるべくBCPによる事業継続を図る責任があると言えます。

 

ページ

事業継続(BCP/BCM)コンサル 株式会社電縁 RSS を購読