ユーザー bizsupli.jp の写真

2015年10月以降の策定手法解説セミナーについて

現在毎月2回開催しております「[無料・2部構成] BCP作成(見直し)&演習(インスペクション) 同時習得セミナー」をはじめとして、これまで多くの方にご参加いただき、ご好評をいただいてきました策定手法解説セミナーですが、2015年10月以降は有料での開催とさせていただくことになりました。

(「[無料・BCPサンプル配布]コンサルタントが教えるBCP対策導入計画セミナー」につきましては、引き続き無料で開催いたしますので、ぜひご参加ください。)

 

弊社では、これまで2年近くにわたって実効性の高い独自のBCP策定手法を開発してまいりまして、ひと区切りつくところまで確立したものになり、自信を持って有料でご紹介できる内容になってきたことから、このような判断に至りました。

今後は、策定手法を解説すると共に、その場でBCP文書の内容に対するアドバイス、質問に対する回答などを通じて、これまで以上に皆様のBCP策定に直接的に活用していただけるセミナーを有料会員様向けにご提供いたします。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

2015年9月10日(木) トーマツ イノベーション様の勉強会「クラウドコラボレーション」で講演いたします。

2015年9月10日(木)にトーマツ イノベーション株式会社様の会員制勉強会サービス「クラウド コラボレーション」において、弊社が講演させていただくことになりました。

 

『脱属人化の奥義』徹底解説 ~一流メーカーでも町工場でも現場力は社員の意欲が決める~

 

脱属人化への取り組みはBCPでも考えなくてはならないテーマです。

業務が属人化していると、全ての従業員が業務に就けるわけではない状況での事業継続・復旧はままなりません。

それ以前に、BCPを策定する段階でも、BCP発動時に自分がいなくても業務が回る状況を作るべく、各従業員に知恵を出してもらう必要があります。

 

非日常の場面で適切に動くためのBCPと、日常の業務の現場力強化は脱属人化でつながっているとも言えます。

しかし、脱属人化が必要なことは分かっていても、そんなに簡単に現場の文化として根付かせられるわけではありません。

 

ユーザー ryoichi.ishihara の写真

不祥事対応に見るBCPの重要性

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

電縁のBCP策定手法と他社(従来)手法の違い

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

引き続き、電縁のBCP策定手法は「実効性」で評価をいただいています

引き続き、弊社のセミナーに参加した方々からは、「有効性、精度の高いBCPを策定できる」「わかりやすく、自社にも取り入れやすい」というご評価をいただくことが多いです。

ユーザー ryoichi.ishihara の写真

業種別雛形でBCP策定は簡単になるか

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

2015年7月以降のセミナー開催予定を公開いたしました。

まだ少し先ですが、2015年7月以降のセミナー開催予定を公開いたしました。

 

中小企業様から超有名企業様まで、ご参加いただいた皆様の満足度が非常に高いセミナーです。

事業、業務に対するコンサルティングを基盤に持つ弊社にしかお伝えできない、実効性の高いBCPを策定、運用するためのポイントを解説します。

 

[無料・2部構成] BCP作成(見直し)&演習(インスペクション) 同時習得セミナー

 

少人数開催で、一方的な講義ではないため、講師との距離が近く、密度の濃い内容ながら、リラックスしてご参加いただいています。

BCPの実効性(本当に事業継続できること)にこだわって開発したBCP策定手法、演習・訓練手法について解説いたします。

ただひな形を穴埋めして文書を揃えただけだったり、災害対策本部を立ち上げた後の復旧策が「本部の指示に従って復旧する」でしかなかったりするようなBCPに疑問を感じる方には、役に立つBCPがどういうものかを知っていただく機会になります。

ユーザー ryoichi.ishihara の写真

Business Availability Managementという考え方

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

BCP(事業継続計画)/BCM(事業継続マネジメント)は、一般的にリスクマネジメントだと信じられていると思います。

企業/事業の継続運営に障害となり得る要因を洗い出し、発生確率、インパクト、対策状況などを評価して、さらに必要となる対策を見極め、実行するという考え方です。

では、その考え方は妥当なのでしょうか。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

経営者向け雑誌「経済界」2015年4月7日号に「BCPインスペクション」が記事掲載されました

弊社が開発したBCP演習手法「BCPインスペクション」について、経営者向け雑誌「経済界」2015年4月7日号に紹介記事が掲載されました。

 

keizaikai_article_20150324.png

 

弊社は、演劇型で行う従来のBCP演習では、策定したBCPの有効性を含む事業継続力に対する「検証」が十分に行えないと考えており、事業継続力について感覚ではなく事実に基づいて分析的に評価を行い、改善の方向性について示唆を得るためのBCP演習手法としてBCPインスペクションおよび、そのための文書フォーマットであるBCP Inspection Chartを開発しました。

 

BCPインスペクションを実施することにより、なぜBCPが機能する/しないのか、機能しないBCPを改善するために何をすれば良いのかを浮き彫りにすることができます。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

弊社が開催する無料セミナーのアンケートより

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

seminar_questionnaire_20150313.png

 

こちらは、弊社の無料BCPセミナーの参加者にご記入いただいているアンケート用紙の一部を拡大したものです。

ユーザー ryoichi.ishihara の写真

使える安否確認システム、使えない安否確認システム

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

事業継続(BCP)、防災関連の取り組みで、説明のつきやすい施策として安否確認システムの導入を検討される企業様が多数あります。

当サイトのコンテンツとしても、安否確認システム選定に関するページの訪問数は、常に上位にあります。

せっかく導入するので、しっかり機能させられるようにという考えで解説コンテンツを参考にされる方が多いようです。

 

ページ

事業継続(BCP/BCM)コンサル 株式会社電縁 RSS を購読