ユーザー ryoichi.ishihara の写真

BCP策定における他社事例や過去実績の取り扱い

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

BCP策定に関して多数の企業様のご相談にお乗りしていると、頻繁に聞かれるのは、他社事例や過去実績を知りたいというお声です。

適切な目利きは必要でしょうけれども、他社が取り組んでいるうまいやり方、過去に成功した実績のあるやり方について情報収集し、自社の取り組みに取り入れることができれば、確かに実効性の高い事業継続計画を策定できるでしょう。

ユーザー ryoichi.ishihara の写真

BCPの運用におけるIT活用のすすめ

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

このようなタイトルにすると、多くの方はIT-BCP(災害時の情報システムの稼働継続対策)やDR(災害によるシステム障害からの復旧サービス)を想像されるかもしれませんが、BCP(業務の継続計画、復旧計画)を適切に運用(従業員への周知、実効性の検証、問題点の改訂など)するためにもITを活用することが有効です。

 

例えば、BCPの周知、定着状況の改善を挙げることができます。

ユーザー ryoichi.ishihara の写真

BCP策定手順のシステム構築プロセスとの対比

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

弊社の本業は、情報システムの構築、保守やビジネスコンサルティングです。

情報システムのプロフェッショナルとしての知見を使い、BCP策定の手順について情報システムの構築と対比させて考えてみたいと思います。

BCP策定の進め方で悩まれている担当者様の一助となれば幸いです。

 

企業や個人によって様々な考え方、表現の仕方がありますが、情報システム構築の流れは、概ね下記のように進行します。

ユーザー bizsupli.jp の写真

自治体が発信する情報のBCPへの活用 ~ 大田区が東京23区で初となる防災情報提供サービスを開始

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

弊社のデジタルサイネージ事業に関連して「地域情報マッピングシステム」というサービスのご提供を開始しました。

このサービスでは、自治体が持つ地域情報を容易に地図化し、タブレットやスマートフォンで住民に提供することができます。

ユーザー bizsupli.jp の写真

災害に備えての見直しが迫られる企業の事業継続 計画で終わらず実行するための新手法「BCP Time Table」

ビジネスコンサルティング、システム開発を行う株式会社電縁(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤俊男、以下電縁)は、従来から提供しているBCPコンサルティングサービスのメニューに、新たに開発した「BCP Time Table」を加え、提供を開始したことをお知らせいたします。

 

企業のBCP対策の現状

 

  • 経営者層や、現場担当などのBCP担当部署以外を巻き込むことに苦労している
  • BCPは策定済みだが、震災などの災害時に、実際に従業員が適切に動けるか不安。
  • 早期に何か形のあるものを作りたいが、時間も予算もない。

 

2012年2月の帝国データバンク「BCP(事業継続計画)についての企業の意識調査」によると、BCP の認知度は 61.2%、策定している企業は 10.4%。大企業の策定率は 30.9%、中小企業は 8.6%。企業規模による格差が拡がっています。

 

ユーザー ryoichi.ishihara の写真

BCPの費用対効果と非合理性

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

皆さんは、1/2の確率で100円もらえるのと1/4の確率で200円もらえるのとでは、どちらを選択するでしょうか。

 

100円を選ぶという方が、多いのではないでしょうか。

数学でいう期待値は、どちらも50円です。

 

これは、不確実性にコストがあることを示しています。

1000回繰り返せば、どちらを選んでも合計5万円をもらえます。

ユーザー ryoichi.ishihara の写真

事業インパクト分析、リスクアセスメントの功罪

弊社のBCP策定手法を解説する書籍「知識ゼロから始める超実効的BCP」が出版されています。

BCP/BCMの手法についてお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

 

一般的にBCPを策定しようとすると、BCP基本方針を手短に定めて、ビジネスインパクト分析(BIA)、リスクアセスメント(RA)を詳細に精緻に実施して、、、という流れで作業を進めていくことになります。

BIA、RAを精緻に行えば、考慮すべき経営資源、脅威による影響について漏れなく洗い出しがしやすくなります。

一方、弊社ではBCP基本方針の検討を入念に行い、BIA、RAはそれほど重視していません。

ユーザー bizsupli.jp の写真

[BCPサンプル配布]コンサルタントが教えるBCP対策導入計画セミナー 好評につき開催日程を追加いたします。

[BCPサンプル配布]コンサルタントが教えるBCP対策導入計画セミナーの開催日程を追加いたします。

まずは今月分として9月10日(水)、9月26日(金)の2回分だけですが、来月以降も継続的に開催していく予定です。

各分野の専門的な解説をしていただくパートナー企業様との日程調整がつき次第、10月以降の開催日程を公開いたします。

 

ユーザー bizsupli.jp の写真

「BCP定着度テストサービス」の申込受付を開始いたします。

BCPに最も重要な「実際に従業員が適切に動けるか」を継続的に把握するサービスである、「BCP定着度テストサービス」の申込受付を開始いたします。

BCPは、必要な時に実行できてこそ価値があります。

一方で従業員は、会社からの周知・教育を受けて、BCPを十分に理解・記憶して初めて実行に移すことができます。

BCP定着度テストにより、BCPの実行性を随時確認し、有効な改善策を打つことが実効性の高いBCPへの近道です。

 

詳しくは、BCP定着度テストサービス」をご覧ください。

 

- サービス内容 -

 

■BCP定着度テスト企画

貴社BCP文書に基づき、対象者に回答していただくテスト設問を弊社コンサルタントが企画いたします。

ユーザー bizsupli.jp の写真

「BCP Time Table簡易転記サービス」の提供を開始いたしました

既にBCPを策定されている企業様向けに、既存BCP文書の内容を弊社が開発したBCP文書フォーマット「BCP Time Table」に転記し、有効性を気軽に体験いただくサービスの提供を開始いたしました。

このサービスでは、貴社の既存BCP文書を短期間、低価格で「BCP Time Table」に転記いたします。

作成されたBCP Time Tableは、BCPの整合性検証、見直しの検討材料としてお使いいただけます。

 

詳しくは、「BCP Time Table簡易転記サービス」をご覧ください。

 

- サービス内容 -

 

■既存BCP文書のお預かり

貴社にお伺いし、データもしくは印刷物で既存BCP文書をお預かりします。

ページ

事業継続(BCP/BCM)コンサル 株式会社電縁 RSS を購読